活動報告詳細

7月16日(月) 広島−東京・銀座900キロ自転車リレー
西宮・大阪で会長・幹事長らが走者を激励
東京・銀座で7月16日にオープンした広島県のブランドショップ「TAU(たう)」をPRするため、
広島から東京の銀座まで約900キロを自転車「広島TAU716号」でリレーするイベントが行われた。

7月4日、広島県庁前で出発式が行われ、第一走者の湯崎広島県知事が店名がデザインされたTシャツ姿で、
専用の自転車で広島市役所まで走った。
リレーは公募で選ばれた47人と松井広島市長、五藤三原市長、平谷尾道市長など計51人が参加し、
13日間かけて東京・銀座までを走破した。

8日(日)には、西宮から京都までのリレーが行われ、途中、西宮市では豊松会長が、
また、大阪市では藤田幹事長、中島幹事、藤本幹事が走者を出迎え激励した。

16日(祝)午前10時、銀座の同店に最終走者が到着しセレモニーが行われ、オープニングを祝福した。
大阪梅田に到着した「広島TAU716号」 (7月8日・大阪・梅田)寄せ書きしゃもじにサインする藤田幹事長 1 大阪梅田に到着した「広島TAU716号」 (7月8日・大阪・梅田)寄せ書きしゃもじにサインする藤田幹事長 2

大阪梅田に到着した「広島TAU716号」 (7月8日・大阪・梅田)寄せ書きしゃもじにサインする藤田幹事長

活動報告一覧に戻る

このページのトップへ