活動報告詳細

広島もみじ会20回記念ゴルフ大会
46名が参加し、盛大に開催
広島もみじ会第20回記念ゴルフ大会は、
5月23日、よみうりゴルフウエストコースで46名が参加して行われた。
絶好のゴルフ日和で、半そでのプレーでも暑いほどであった。過去雨天での開催は一度もない。
今回もオタフクソース様、よみうりゴルフ様ほか、たくさんの景品を提供して頂きました。ありがとうございました。

成績は喜屋武幸雄さんが3回目の優勝。
レッスンの成果が花咲き、念願かなってのベスグロ優勝。
2位は小技に磨きがかかって絶好調の新宅巧さん。
記念大会にちなんだ20位はもみじ会の世話をよく手伝ってくださる
古田友志さんがよみうりゴルフ提供のキャディバッグをゲット。
もみじ会は上位者には名誉を提供しますが、下位の方には実利を提供します。
女性と弱者と下位の方にはとても優しいコンペです。
20回を振り返って
記念大会にちなんで、もみじ会の生まれた経緯を知っていただこうと思います。
コンペの発足当初は、「広島県人会」と「クラブ広島」のゴルフ同好会が一緒にやろうということで、
第1回を宝塚高原ゴルフクラブで開催したのが始まり。
2回から4回まで伏尾ゴルフ倶楽部。5回が愛宕原ゴルフ倶楽部。6回がスポニチカントリー倶楽部。

この辺りから年2回のコンペ会場を手配するのは幹事として負担がかかるので、
何とかならないものかと思案していた折、
よみうりゴルフウエストコースの西野支配人から、格安の条件で会場を提供したいとの申し出があった。
検討した結果この条件では断る理由がないということで決定。

関西同窓協議会として正式にコンペに参加されたのがこの頃である。問題はコンペの名称である。
以前から懸案になっていたが、広島らしいゴルフコンペの会名はないものかといろいろ試行錯誤した結果
「広島もみじ会」が良かろうと参加者全員で決定。
さらに会場もサービスの点も含めこれ以上のところはないだろうということで、
よみうりゴルフウエストコースを広島もみじ会のホームコースと決定した。

広島もみじ会は近年広く周知されるところとなり、参加者が急増。
21回大会は 50名を超えるのではないかと幹事はうれしい悲鳴をあげている。
特に関西同窓協議会からの参加者が顕著である。

20回の大会を振り返って主な出来事を挙げると、第一回参加者の中に谷軍三さんの名前が見える。
90歳で参加しグロス99、以後5回参加してスコアの平均が99は立派。
第6回大会では佐々木芳信さんがホールインワンの快挙。
20回の大会の内で複数回の優勝者は山本秋夫さん、庄司斉さん、飯田邦夫さん、喜屋武幸雄さんの4名のみ。

なお、第21回大会は10月16日(水)よみうりゴルフカントリークラブ(メンバーコース)で開催予定です。
広島もみじ会幹事・村木眞志記
広島もみじ会20回記念ゴルフ大会(5月23日・よみうりゴルフウエストコース)

広島もみじ会20回記念ゴルフ大会(5月23日・よみうりゴルフウエストコース)
優勝の喜屋武さん(左)と豊松会長

優勝の喜屋武さん(左)と豊松会長
プレイ後の楽しい表彰式と懇親会

プレイ後の楽しい表彰式と懇親会
広島もみじ会歴代優勝者

→成績表(PDF)

活動報告一覧に戻る

このページのトップへ