活動報告詳細

JR大阪駅で西日本郷土芸能祭り
広島から、安芸高田市の神楽が出演
JR西日本主催で、西日本各地に受け継がれてきた伝統芸能が一堂に集まる
「地域伝統芸能フェスティバル」が5月31日(土)6月1日(日)に、
JR大阪駅構内大阪ステーションシティ5階「時空の広場(ときのひろば)」で開催された。

上演した地域は、富山、石川、福井、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山、岡山、
広島、山口、鳥取、島根、福岡の15府県から、各地に受け継がれてきた伝統芸能が上演された。

広島県の郷土芸能は6月1日、安芸高田市の「上河内神楽団」が上演。
広島の神楽は、神事を原点としながらも勇壮華麗で演劇的な神楽が中心で、今や文化の保存伝承のみならず、
観光振興の視点からも、地域の活性化に大きな役割を担っている。

戦後、安芸高田市で生まれた新作神楽は「ひろしま安芸高田神楽」として独自のブランドに成長。
スピード感や豪華絢爛な衣裳、テンポのあるストーリー構成が、見ている多くの人を魅了した。(記・藤本輝夫)
上河内神楽団1 上河内神楽団2
上河内神楽団3 上河内神楽団4
ひろしま神楽を上演した高田市の「上河内神楽団」のみなさん

ひろしま神楽を上演した安芸高田市の「上河内神楽団」のみなさん

活動報告一覧に戻る

このページのトップへ