活動報告詳細

第97回全国高等学校野球選手権大会 
郷土代表・広島新庄高校初出場
広島県大会決勝で市立呉高校を破り、初出場を決めた広島新庄高校野球部の選手団が、
8月1日夕方、観光バスで宿舎のホテルオークス新大阪に到着。広島県大阪情報センターはじめ、
同校卒業生、県人会役員、関同協関係者など約40名が出迎え、
県人会と関同協の共催で歓迎・激励会が開催された。

バスから降りた選手団は駐車場に整列。県人会の藤本副幹事長の司会進行で行われ、
始めに新庄学園同窓会関西支部長の松本好之氏が歓迎の挨拶を行なった。

続いて広島県大阪情報センター所長兼企業立地監の石井裕工氏、
近畿広島県人会副会長の飯田邦夫氏、広島県関西同窓協議会会長の佐々木芳信氏が激励の言葉を述べた。
新庄学園同窓会関西支部事務局長の安田千鳥さんが迫田守昭監督に花束を贈呈した。

最後に広島新庄高校校長の久枝直氏から謝辞があり、歓迎激励会を終了した。
その後選手を囲んで記念撮影が行われた。
甲子園で初戦・霞ヶ浦に快勝
初出場の広島新庄高校は、大会2日目の8月7日第2試合で、
茨城県代表の霞ヶ浦高校と対戦し、4−2で快勝した。

スタンドには、同校の生徒や郷里北広島町などから多数の応援団が駆けつけ、熱烈な声援を送った。
県人会や関同協の関係者も多数がスタンドに駆け付け、同校の応援団と共に声援を送った。
2回戦・優勝候補の早実に惜敗
2戦目は、8月13日第1試合、今大会優勝候補の呼び名も高い西東京代表の早稲田実業と対戦。
球場は早実の大物人気で超満員、異常な雰囲気の中で試合開始。

0−3と一方的な試合になりかけたが、迫田監督の采配が冴え、
投手交代や代打の起用などで、一時5−3と逆転に成功し大接戦にもつれ込んだ。

ベンチ入りの選手のほとんどを使い切った新庄だが、あと一歩及ばず6−7で惜敗した。(記・藤本輝夫)
広島新庄高校歓迎激励会(8月1日、ホテルオークス新大阪)

広島新庄高校歓迎激励会(8月1日、ホテルオークス新大阪)
新庄学園同窓会・松本支部長

新庄学園同窓会・松本支部長
広島県大阪情報センター・石井所長

広島県大阪情報センター・石井所長
近畿広島県人会・飯田副会長

近畿広島県人会・飯田副会長
広島関同協・佐々木会長

広島関同協・佐々木会長
迫田監督に花束を贈る安田さん

迫田監督に花束を贈る安田さん
謝辞を述べる広島新庄高校・久枝校長

謝辞を述べる広島新庄高校・久枝校長
広島新庄高校の選手団を囲んでの記念撮影(8月1日)

広島新庄高校の選手団を囲んでの記念撮影(8月1日)
甲子園球場での初戦(対霞ヶ浦戦)

甲子園球場での初戦(対霞ヶ浦戦)
声援を送る広島新庄高校応援団

声援を送る広島新庄高校応援団
新庄高OB・県大阪情報センター・県人会・関同協の関係者も熱烈な声援を送る 新庄高OB・県大阪情報センター・県人会・関同協の関係者も熱烈な声援を送る

新庄高OB・県大阪情報センター・県人会・関同協の関係者も熱烈な声援を送る
2回戦(8月13日・対早稲田実業戦)

2回戦(8月13日・対早稲田実業戦)
試合後応援団にあいさつをする新庄高ナイン

試合後応援団にあいさつをする新庄高ナイン

活動報告一覧に戻る

このページのトップへ