活動報告詳細

京都で全国広島県人会幹事長会を開催
東京など5地区の県人会代表が出席
第5回全国広島県人会幹事長会が11月18日(土)正午から、
京都市東山区宮川町の料亭「喜久屋」で開催され、東京、中部、ふくおか、近畿、京都の県人会の会長、
幹事長など16名が出席した。

主宰した京都県人会の向井博一会長が歓迎のあいさつを行い、京都県人会の小島健治幹事長の司会進行で、
各地の県人会の活動内容の報告があり、そのあと情報の交換や活動の問題点などの意見交換が行われた。
そのあとは喜久屋自慢の日本料理に舌鼓を打ちながら、さらに意見の交換が行われ、有意義な交流が続いた。

全国幹事長会は、近畿県人会の創立130周年を記念して、
当時の豊松会長と、東京県人会・大竹会長の会談の中で発案されスタート。
第1回目は近畿が担当し大阪で開催された。
その後、東京や北海道で開催され、今回は創立100周年を記念して、京都県人会が主宰した。

なお、次回は近畿が担当し大阪で開催する予定である。
オタフクソースで広島焼きに挑戦 オタフクソースで広島焼きに挑戦
オタフクソースで広島焼きに挑戦 オタフクソースで広島焼きに挑戦
オタフクソースで広島焼きに挑戦 オタフクソースで広島焼きに挑戦
オタフクソースで広島焼きに挑戦 オタフクソースで広島焼きに挑戦
オタフクソースで広島焼きに挑戦 オタフクソースで広島焼きに挑戦
オタフクソースで広島焼きに挑戦
全国から集まった県人会会長・幹事長、幹事の皆さん(11月18日・京都「喜久屋」)

活動報告一覧に戻る

このページのトップへ