活動報告詳細

第90回選抜高校野球大会
瀬戸内高校27年ぶり出場
第90回選抜高等学校野球大会に、広島県瀬戸内高等学校が27年ぶり3度目の出場を果たした。
3月23日、阪神甲子園球場で行われた大会第一日目の第3試合目に茨城県の明秀学園日立と対戦。
土壇場で逆転され涙を飲んだ。
新大阪駅で歓迎激励会開催
瀬戸内高校の選手団一行は、3月19日(月)14時48分着の新幹線で来阪。
新大阪駅には広島県大阪情報センター始め県人会、関同協の役員など50名が出迎え、
同駅1階の待合スペースで、近畿広島県人会と広島県・関西同窓協議会の主催で歓迎激励会を開催した。

県人会副幹事長の藤本輝夫氏の司会進行で進められ、
先ず、広島県瀬戸内高等学校同窓会関西支部会長の佐々木芳信氏が歓迎のあいさつを行った。
続いて広島県大阪情報センター所長の望月徹氏と
近畿広島県人会副会長の村木眞志氏が激励のあいさつを行った。

そのあと関同協から同校野球部監督の長谷川義法氏に花束が贈られ、
プレゼンターは日本クラウン専属歌手の白鳥まゆさんが務めた。
続いて長谷川監督から、甲子園に臨む決意が述べられた。
同校のOBの脇本信一さんが応援エールを送り、最後に瀬戸内高校の神垣憲雄校長が謝辞を述べ、
全員で集合写真に納まり歓迎激励会を終了した。

終了後、選手団を迎えた関係者と同校の校長、野球部長との懇談会が近くのホテルで行われ、
参加した皆さんから甲子園での活躍に期待が寄せられた。
主将が選手宣誓、甲子園で躍動
第90回記念選抜高等学校野球大会は、阪神甲子園球場で3月23日に開幕した。

開会式で瀬戸内の主将新保利於君が選手宣誓を行い「応援してくださる学校関係者、
大切な家族、友人、チームメイトの支えに感謝します」と強調。
堂々と言葉をつなぎ「3989校の代表として大好きな野球が出来ることに感謝し、
感動を与えるプレーをすることを誓います」と結んだ。

瀬戸内は第一日目の第3試合に登場。茨城県の明秀学園日立と対戦。
瀬戸内は1点リードの九回に悪夢が待っていた。
八回まで140球を投げたエース浴本が3連打を浴びて同点とされる。
2番手山根も直球を中犠飛され決勝の1点を失った。

直後の攻撃で二死3塁の好機をつくり、
中国大会で1試合4本塁打を放ち注目を集めた4番門叶(とがの)が打席に入り、
スタンドは大いに沸いたが、初球のボール球に手を出して二飛に倒れ、ため息に変わった。
〇1回戦
明秀学園日立(茨城)
瀬戸内(広島)
001 010 002 |4
101 100 000 |3

アルプススタンド
甲子園球場のアルプススタンドには、地元広島から観光バス30台余り1500人の大応援団が駆け付け、
スタンドを青一色に染めた。

本会も豊松名誉会長を始め多くの役員が、
また関同協も佐々木会長を始め多数が詰めかけ同校の応援団に合わせて声援を送った。(取材・藤本輝夫)
第90回選抜高校野球大会
第90回選抜高校野球大会に出場の瀬戸内高校野球部選手団
第90回選抜高校野球大会
瀬戸内同窓会近畿支部会長・佐々木芳信氏
第90回選抜高校野球大会
広島県大阪情報センター所長・望月 徹氏
第90回選抜高校野球大会
近畿広島県人会副会長・村木眞志氏
第90回選抜高校野球大会
応援エールを送る瀬戸内OBの脇本信一氏
第90回選抜高校野球大会
長谷川監督に花束を贈る歌手の白鳥まゆさん
第90回選抜高校野球大会
長谷川監督(左)と白鳥まゆさん
第90回選抜高校野球大会
抱負を述べる長谷川義法監督
第90回選抜高校野球大会
謝辞を述べる瀬戸内高校の神垣憲雄校長
第90回選抜高校野球大会
選手団を囲んで記念撮影(平成30年3月19日・新大阪駅)
第90回選抜高校野球大会
選手宣誓をする瀬戸内の主将・新保利於君
第90回選抜高校野球大会
瀬戸内、明秀学園日立と対戦(甲子園球場)
第90回選抜高校野球大会
第90回選抜高校野球大会
1500人の大応援団と共に本会会員も声援を送る(アルプススタンド)
第90回選抜高校野球大会
試合終了後応援団に挨拶をする瀬戸内ナイン
第90回選抜高校野球大会
県大阪情報センターを表敬訪問の瀬戸内高校(3月12日)

活動報告一覧に戻る

このページのトップへ